マッサージの資格について

マッサージには色々なものがあります。その中には国家試験を受けて始めて開業できるものもありますし、民間の資格しかないものや資格などなく独学で勉強しても開業できるものもあります。

国家資格がある代表的なものはあん摩マッサージ指圧師や柔道整復師、はり師や灸師などとなります。これらは大学や専門の学校で3年程度しっかりと勉学に励んでからでないと資格試験を受けることも出来ません。

国家試験自体はしっかりと学んで受験すればかなりの確率で合格することが出来て資格取得をすることも可能なのですが、学校に通うということになると当然費用もかかります。一般的には卒業までに500万円程度が必要になると言われています。

その意味では誰でも気軽に資格をとることが出来るとはいい難いと言えます。民間資格や資格などが不要でも開業できるものとしては整体師やカイロプラティック師などが代表的なものとして挙げられます。

ただし、当然、自分独自で人体に関して、骨格に関して、施術に関しての勉学が必要で適当に開業して人に危害を加えるようなことがあってはいけないことは言うまでもありません。

そのため、本来であれば民間の資格でも良いので取るべきだと言えますし、その方が顧客にも信用されるのではないかと思われます。

また、一般的なマッサージに関してもあん摩マッサージ指圧師を持って開業している場合もありますが、多くは資格などなく簡単な研修を受けて開業している場合が多いというのが実態だといえます。

マッサージの効果

マッサージ全般で考えるとマッサージには様々な効果を期待することが出来ます。一つには自律神経のバランスが取れるようになります。現代はストレス社会です。

そんなときは交感神経が過剰に働いていることになります。施術を行うことで副交感神経の働きを活性化し自律神経のバランスをとることができるようになるのです。

体調が良くなってくるのです。免疫力も増すと言われています。免疫が活性化し弱っている体を元気にすることが可能だというわけなのです。世間でマッサージがかなり流行っているのは気持ちが良いからでしょう。それはストレスの開放と共に癒しの効果があるからです。

肉体的にも施術によって楽になって精神的にも穏やかになることが出来るのです。また、血行が良くなることも知られています。施術を行うことで痛みやコリが改善されるのは血行が改善されるからの場合も多いのです。合わせてリンパの流れも良くなります。

リンパは放っておくと流れが遅いために滞りがちです。リンパの流れが良くなると老廃物の排出の促進やむくみの解消にも繋がっていくのです。マッサージは肩こりなどの解消に最適です。

施術を受けることで硬くなってしまっている筋肉を解すことが可能で柔らかくすることが可能となるのです。その結果としてコリの解消にも繋がりますし疲労回復にも影響を及ぼします。適切なマッサージを受けることが出来ると弱ってしまったり痛みかけている筋肉を正常に戻していく効果も認められているのです。

マッサージを受けるタイミング

マッサージを受けるときは何らかの痛みやコリなどに耐えることができない、場合によっては吐き気もするし頭痛もするような場面になってからという人が多いようです。ちょっとした肩こりや腰痛などでは我慢してしまい、ほとんどの人がマッサージを受けるという選択をしないようです。

考えようによってはそれはそれで良いともいえます。体に異常を感じてから施術を受けて楽になる、そのことによって状況が良くなり良い状態が継続できるのなら言うことはないでしょう。

しかし、多くの場合はこうした通い方をしていると一時的には体の状態は改善できるもののすぐにもとに戻ってしまうことが多いのではないでしょうか。これはマッサージを受けるタイミングを間違っているからです。一番良いのは定期的に通うということです。

もちろん、毎日通う必要などはありません。痛みやコリの状態に合わせて最悪の状態になる前に、少ししんどくなってきたなと思うようなタイミングで通うべきだといえます。それは1週間に1回程度でも2週間に1回でも月に1回でも構いません。

大切なのは自分の体の状態を把握して、悪くなる前にマッサージを受けることで先に手を打つということなのです。

このタイミングを正しく繰り返していると1週間に1回は通わないと良い状態の維持が難しかったものが2週間に1回で十分になり、そのうちに毎月1回程度でも平気になってくるのです。
どんなことでもそうですが継続することがとても大切だということなのです。

マッサージ屋の選び方

マッサージという範疇を広い意味で見ると色々な方法があることになります。ただ、揉むとか叩くということだけではなく道具を使った方法もあるわけです。マッサージ屋さんを選ぶのだとしたらどんなことをポイントにすればよいのでしょうか。

いちばん大切なのは何に重きをおいてどんな施術を求めるのかということです。

基本的にどんものでも手技となります。上手い下手も出てきます。そのあたりは口コミなどを参考にして探していくべきでしょう。何しろ安く手早くということを全面に考えるのであれば最も適しているのは街中のクイックマッサージでしょう。短時間で値段も手頃に行ってくれます。

根本的に痛みやコリを解決したいと思うのであれば国家資格のある鍼灸院やあん摩、整骨院などが良いでしょう。鍼灸院は鍼や灸を用いて整骨院は手技や機器などを用いて適格な施術を行ってくれることでしょう。

とにかく癒やされたいとリラックスしたいと思うのであれば、リラクゼーションやオイルマッサージなどが良いでしょう。最近は整体院でも雰囲気を大切にしている場合もあります。そうしたところでしたら癒し効果も期待できそうです。この他にも目的によっては色々な施術を行う選択をすることが可能となっています。

人によって求めるものはそれぞれ違ってきます。ただし、健康保険が利用できる施術とそうでないものがあることはよく理解しておきましょう。

施術内容によっては健康保険が利用できない場合も結構あるので確認してから施術を受けましょう。

マッサージの料金

マッサージはどんな方法で受けるとしても基本的には気持ちがよく痛みやコリなどが緩和されていくものとなります。

健康保険が利用できる施術もいくつかありますが、ほとんどのマッサージに関しては自由診療だと思っておいたほうが良いかもしれません。

健康保険は使用できないのです。では、数あるマッサージで自由診療という点で見ていくと料金的にはどんな感じになってくるのでしょうか。基本的には料金を決めるのはそれぞれの治療院や店舗の自由ということになります。

この金額でないとダメだという決め事は何もないのです。ですから、目が飛び出るほどの高額な料金を設定しても構わないし逆にかなりの安価な料金設定にしても問題はないのです。

しかし、ほとんどの場合は同業他社の料金体系を基準にするという傾向があり何らかの戦略でもない限り料金に大きな差が出ることはないこととなっています。どの種類のマッサージを受けるとしても基本線は1分100円というのが普通になっているようです。

ですから30分ですと3,000円、60分ですと6,000円前後というのが一般的だと考えて良いでしょう。オプションで施術を追加するとこの料金にプラスアルファーされるというのがベースとなるのです。

多くの場合、施術時間が増すと多少料金的にはサービスとなり1分100円よりは低く設定される場合が多いようです。料金の細かい部分がわからないときは電話で聞いてみるとかホームページを探して確認してみると良いでしょう。